政権の政治主導「履き違え」 立民・枝野代表

©株式会社神奈川新聞社

 立憲民主党の枝野幸男代表は22日、逗子市のJR逗子駅前で街頭演説し、森友学園問題や文部科学省による前川喜平前事務次官の授業内容の報告要請問題について「役人に圧力をかけ、忖度(そんたく)させてやらせる。政治主導の履き違えだ」と批判した。

 安倍政権を「上からの政治」として、「結局しわ寄せは、普通の暮らしをしている人にいってしまう」と強調。国税庁長官を辞任した佐川宣寿氏の証人喚問が決まったことを挙げ、「国民の共鳴を得られれば議席の数が少なくても、ものを動かせる」と手応えも示した。逗子市議選の同党公認候補らの応援で演説した。