稲村亜美 始球式での中学生殺到について「金八先生のような気分を味わった」

©株式会社ジェイプレス社

タレントの稲村亜美が22日、都内の「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」で行われた「プロ野球開幕直前イベント」に、お笑いコンビ・ますだおかだの増田英彦、岡田圭右と共に出席した。

神スイングが話題となり、プロ野球の始球式の女王とも呼ばれる稲村は、今年の目標を「今まで(始球式を)10球団でさせていただいたので、あと残る広島と巨人でさせてもらえれば」と話す。

国内の始球式では最速で103キロのピッチングも見せたということで「今シーズン中に何とかスピードアップしたい」とコメント。岡田に始球式のライバルは誰かと問われると「ライバルは村田兆治さんぐらい」と答える場面もあった。

今月10日、東京・神宮球場で行われた中学生の野球大会での始球式の際に、多数の球児たちが殺到した件についての話となると稲村は「ビックリしました」と答えつつも「ああなってしまって仕方ないというか、おしりは触られない状態だし、上(上半身)は触ったらわかるし」とボディタッチについては否定した。

球児たちが殺到した時の心境について聞かれると稲村は「怖いというよりも『え、来る!来る!』という感じ。中学生も真顔ではなく笑顔で走ってきて、握手を求められただけ」と話した。すると岡田が「金八先生のオープニングみたいな感じだったのかな」と返し稲村も「金八先生のような気分を味わった」と笑顔をみせた。(斎藤雅道)