詰将棋、藤井六段が初の4連覇

解答選手権チャンピオン戦

藤井聡太六段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は25日、名古屋市などで行われた「第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦」で優勝し、史上初の4連覇を果たした。記録を次々と塗り替える“天才棋士”が、実戦の終盤の力に直結する詰め将棋でも実力を示した。

 10問出題され、藤井六段は全問正解で100点満点だった。2位はプロ棋士の宮田敦史六段(36)の94点。表彰式を終えた藤井六段は「難しい問題が解けて自信になった。詰め将棋が基礎となり、対局にいい影響を及ぼしている」と笑顔で話した。

 2015年、最年少の12歳で優勝。17年には、宮田六段と並ぶ史上最多の3連覇を達成していた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS