中国、米制裁阻止訴え

WTO会合「協定違反」

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】中国の知的財産権侵害を理由とした米国による通商制裁を巡り、世界貿易機関(WTO)の物品貿易理事会が26日、ジュネーブで開かれ、中国は一方的な措置を禁じたWTO協定違反の恐れがあるとして、各国に阻止に向け連帯を訴えた。

 これに対し米国は反論。中国の知財権侵害の現状こそ「WTO協定違反だ」と主張した。

 日本と欧州連合(EU)は、中国の知財権侵害や不当な技術移転強要の問題について、米の懸念に理解を示した。だが、問題解決はあくまでWTOの枠内で行うべきだとして、一方的な措置には懸念を示した。