【平昌五輪】フジイコーポレーション、

©株式会社鉄鋼新聞社

 フジイコーポレーション(本社・燕市、社長・藤井大介氏)は平昌五輪・パラリンピック会場のスキー場に除雪機30台強を納入した。納入したのはSKシリーズとSHシリーズ。

 スノーボード会場では人口雪を小型除雪機で飛ばし、ビッグエアという競技の会場づくりに貢献した。同社の除雪機はこれまでも有名ドラマの舞台となったスキー場で使用されるなど、現地での認知度が高まっている。当時の除雪機納入のきっかけは新潟県内のスキー場で稼働しているところを担当者が見かけたためだという。

 平昌五輪では地元チームアルビレックス新潟所属の藤森由香が女子ビッグエアで見事7位入賞。フジイコーポレーションの除雪機が間接的に選手の好成績を後押しした格好だ。