管制官、緊急宣言聞き逃す

成田空港、消防車出動せず

成田空港

 25日夜に成田空港を離陸した直後のマニラ行きセブ・パシフィック航空5053便エアバスA320が、エンジントラブルで緊急事態を宣言したにもかかわらず、国土交通省の管制官が聞き逃していたことが29日、同省への取材で分かった。

 セブ機は成田空港に引き返し無事に着陸したが、空港は消防車を待機させるといった緊急時の受け入れ態勢を取っていなかった。

 国交省によると、セブ機は25日午後8時47分に成田空港を離陸した直後、右エンジンに異常な振動が発生した。機長は羽田空港でこの機体を担当していた管制官に緊急事態を宣言したが、管制官が聞き逃し、成田空港に伝えていなかった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む