フィギュアの高橋成美が引退

世界選手権ペア日本代表初メダル

©一般社団法人共同通信社

高橋成美

 フィギュアスケートの2012年世界選手権ペアで、同種目の日本代表初メダルとなる銅メダルに輝き、14年ソチ冬季五輪にも出場した高橋成美(木下グループ)が現役を引退したことが30日、関係者への取材で分かった。既に日本スケート連盟に引退届を提出した。スケート界ではベテランといえる26歳という年齢などが理由とみられる。

 高橋は07年からカナダ人のマービン・トランと組み、10年に世界ジュニア選手権2位、ジュニア・グランプリ(GP)ファイナルで日本勢初優勝。12年世界選手権もトランとのペアで表彰台に上がった。