さよなら「シンクロ」、名称変更

4月1日から、「アーティス」に

リオデジャネイロ五輪のシンクロナイズドスイミング・チームで銅メダルを獲得した日本の演技=2016年8月(共同)

 日本で定着している「シンクロ」の名前が消える。日本水泳連盟は4月1日からシンクロナイズドスイミングの名称を「アーティスティック(芸術的な)スイミング」に変える。国際水泳連盟の決定に伴う対応で、本間三和子日本水連シンクロ委員長は「長いから『アーティス』を広めようと思っている。新しい気持ちで出発したい」と意欲を見せる。

 国際オリンピック委員会(IOC)から、ソロや混合種目では「シンクロナイズド(同調した)」の表現がふさわしくないとの指摘を受け、国際水連が改称を決めた。日本は「東京五輪もあるので、早く周知しないと混乱する」(本間氏)と全面的な変更に踏み切った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る