チカーノ音楽伝え続け20年

宮田信さん、短編映画完成

短編映画の上映会で舞台あいさつした宮田信さん(中央)=2月、米ロサンゼルス(共同)

 【ロサンゼルス共同】米ロサンゼルスで多く暮らす「チカーノ」(メキシコ系米国人)の音楽を約20年間にわたって日本に伝える音楽プロデューサー宮田信さん(55)を主人公にした短編映画が、このほど完成し、ロサンゼルスとメキシコで上映された。7日には東京で上映会が行われる。

 作品は「アワ・マン・イン・トーキョー~ザ・バラッド・オブ・シン・ミヤタ」。友人の日系人監督アキラ・ボックさんが手掛け、ロサンゼルスの全米日系人博物館が製作した。ハリウッドなどの観光地ではなく、日本人にはなじみの薄いロサンゼルスの町などを舞台に、ミュージシャンらと宮田さんの交流を描いた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る