「自分らしさ磨いて」トヨタ社長

入社式であいさつ

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
トヨタ自動車の入社式に臨む新入社員=2日午前、愛知県豊田市

 トヨタ自動車は2日、愛知県豊田市の本社で入社式を開き、作業服姿の新入社員1812人と、役員や労働組合の関係者ら約200人が出席した。豊田章男社長は「車の定義が大きく変化する中、原価低減などトヨタらしさに加え、自分らしさを磨いてほしい」とあいさつした。

 会場には完全自動運転技術を搭載した商用サービス向け電気自動車(EV)の試作車などを展示した。豊田社長は「未来の乗り物社会をもっと自由で楽しくするために、皆さんと一緒にトヨタを闘うチームにしたい」と強調した。

 新入社員代表の恒川弘貴さん(20)は「世界中の人たちが欲しがる車を造りたい」と抱負を述べた。

あなたにおすすめ