米、制裁発動は中国次第

不公正貿易阻止へ圧力

4日、米ホワイトハウスで記者会見するサンダース大統領報道官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】サンダース米大統領報道官は4日の記者会見で「中国側の態度に変化がないなら、われわれは前進する」と述べ、中国政府の対応次第で知的財産権の侵害を理由とする制裁措置を発動する方針を表明した。不公正貿易の阻止へ圧力を強めた形だ。

 米国は3日、約1300品目の中国製品に25%の追加関税を課す制裁案を公表。中国は米国から輸入する106品目に25%の関税を課す報復措置を4日に発表し、制裁合戦の様相を呈している。

 これに関連し、ロス米商務長官は4日、米CNBCテレビで、中国の報復規模は「米国内総生産(GDP)の0.3%にすぎない」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS