45都道府県で「通級指導」実施

文科省、4月から公立高校で

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 文部科学省は6日、障害のある生徒が通常学級に在籍しながら必要に応じて別室などで授業を受ける「通級指導」を4月から45都道府県と5政令指定都市の一部公立高校などで導入したと発表した。

 文科省によると、公立小中学校では2017年度、言語障害や自閉症、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの障害がある児童生徒約11万人が通級指導の対象となった。こうした状況を踏まえ、同省は高校でも一定の単位数を超えない範囲で、18年度から通級指導を実施できるよう省令改正していた。

あなたにおすすめ