なぜ自ら歩み寄ったのか―MLB屈指の遊撃手が語る、想像を越えた“イチロー愛”

©株式会社Creative2

マリナーズ・イチロー(左)とインディアンス・リンドーア【写真:田口有史、Getty Images】

インディアンスのスター選手リンドーアはなぜイチローに「挨拶」したのか

 マリナーズに6年ぶりに復帰したイチロー外野手。メジャー最年長選手として18年目のシーズンを迎えた背番号51は、開幕2戦目の3月31日(日本時間4月1日)本拠地インディアンス戦で“ホームランキャッチ”を見せるなど、衰え知らずのパフォーマンスで観衆を沸かせている。

 イチロー凱旋に大いに沸くのはシアトルの人々だけではない。対戦相手の若き実力者も背番号51の健在ぶりに心を躍らせていた。
 
「イチローは偉大な男だよ。彼は僕にとってもロールモデル(お手本)。僕は彼を見ながら育ってきた。大事な存在なんだ。時には彼のバッティングの真似もしていたんだよ。彼は最高の選手で、野球というスポーツにとっても偉大なるアンバサダーだよ」

 2日(同3日)の敵地エンゼルス戦前のロッカールームで、嬉しそうに語ったのはインディアンスのフランシスコ・リンドーア内野手。1日(同2日)までシアトルでの開幕カード3試合を戦っていた。ア・リーグ屈指の強豪で不動のリードオフマンを務める24歳は、昨季打率.273、33本塁打、89打点を記録し、シルバースラッガー賞を受賞。MVP投票で5位に入った。2016年にはゴールドグラブ賞にも輝いた若きスーパースターだ。

 リンドーアは1日(同2日)のマリナーズとの開幕カード第3戦の試合前、夢にまで見た瞬間を迎えた。この日は両軍とも試合前の練習がなく、自主的にグラウンドでキャッチボールやストレッチ、ランニングを行う選手の姿がフィールドにあった。背番号51は通訳とキャッチボールをしていたが、そこに背後から歩み寄ったのがリンドーアだった。挨拶を交わすと、笑顔を浮かべながら会話がスタートした。

「僕が彼のことをどれほどまでに尊敬しているか、伝えたかった」

「僕はイチローと握手するために、話しかけたんだよ。僕が彼のことをどれほどまでに尊敬しているか、伝えたかったんだ。彼のこれまでの仕事ぶりにも感謝したんだ」

 リンドーアの“イチローファン”ぶりは想像を超えるものだった。引退後に有資格1年目で米国野球殿堂入りする男に対する愛情と敬意を伝えるために勇気を振り絞ったという。そして、長年の憧れの存在との“初会話”が実現した。

「英語で話したよ。イチローはスペイン語も話せるみたいだけれどね。彼みたいな人がスペイン語を話してくれると、それもクールなんだけどね」

 満面の笑みでこう語ったリンドーア。イチローと直接話した後、敬意はさらに高まったという。

「話した後も最高の気持ちになれた。すごいよ。素晴らしい人だった。僕はとにかく幸せだったんだ。イチローと話すという夢が叶ったんだよ! 彼はこんな長い間、メジャーで活躍しているんだから。すごい人格者だったね。僕は彼を尊敬しているんだ」

 イチローと会うことが夢だったと明かしたリンドーアの瞳は、まるで野球少年のように輝いていた。現在メジャー第一線で活躍する若き実力者はマリナーズ時代の背番号51の躍動を見ながら、技を磨いてきた。そして、メジャーリーグ屈指の実力者と成長した今でも、イチローの姿を追いかけている。

(Full-Count編集部)