AIが棋士に勝ち越す

囲碁電王戦、開発は終了

囲碁ソフト「DeepZenGo」に敗れた趙治勲名誉名人=7日午後、東京都千代田区の日本棋院

 日本、中国、韓国の囲碁棋士と人工知能(AI)が対戦する「囲碁電王戦FINAL」は7日、東京都千代田区の日本棋院で3番勝負の第3局が打たれ、「DeepZenGo」(以下Zen)が趙治勲名誉名人(61)を破り、2勝1敗と勝ち越した。

 Zenは2016年3月発足のプロジェクトで開発された日本製AI。プロジェクトには囲碁ソフト開発者や東大などが参加した。17年3月には日本の第一人者、井山裕太碁聖と対戦して勝利。今春、プロジェクトが終了し、Zenは2年間の集大成として同戦に出場していた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS