汚染食品、日本にも輸出か

リステリア菌でWHO

 【パリ共同】世界保健機関(WHO)は9日、オーストラリアで今年発生した食中毒の原因となった、リステリア菌に汚染されたメロンが、日本など9カ国・地域に輸出されていたと明らかにした。ロイター通信が報じた。

 WHOは、輸出過程の洗浄により菌が残留している恐れは低いとしている。しかし潜伏期間が最長90日間あり、感染が今後起きる可能性もあるとして、警戒を呼び掛けている。

 ロイターによると、オーストラリアの食中毒は1~4月に起き、19人の感染が確認され、7人が死亡した。オーストラリアで生産されたメロンが原因と特定され、2月末に回収。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む