加計文書に「本件は首相案件」

首相秘書官発言と記載

獣医学部新設を巡り、愛媛県の職員が作成したとされる記録文書

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、愛媛県職員が2015年4月に官邸を訪れ、国家戦略特区担当だった柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会した際のやりとりを記した文書に、柳瀬氏が「本件は首相案件」と述べたとの記載があったことが10日、分かった。安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長が会食で計画について話を交わしたとうかがえる記述もあった。

 政府、与党は現在経済産業審議官を務める柳瀬氏を参考人として招致する方向で調整に入った。これに対し、立憲民主など野党6党は証人喚問を要求する方針で一致。11日の衆院予算委員会の集中審議で追及する。

加計学園の獣医学部新設計画に関する文書を巡り、記者会見する愛媛県の中村時広知事=10日午後、愛媛県庁

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る