「短期的な目標がわからん…」マルディーニ、代表の仕事に疑問

©株式会社コリー

『Sky』は9日、「パオロ・マルディーニ氏は、イタリア連盟での仕事について語った」と報じた。

現役を離れてからはアメリカに渡り、クラブ経営の面で活動を続けてきたマルディーニ氏。ミランからの誘いも断り、セリエAに戻ることを拒否してきた。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

しかし先日イタリアサッカー連盟の副会長に盟友のアレッサンドロ・コスタクルタ氏が就任したことで、連盟の仕事を請けるのではないかと言われている。

だが彼は以下のように話し、短期的な目標がわかりにくい状況があり、はっきりしないのでは働きにくいと語ったとのこと。

パオロ・マルディーニ 「私は確かにコスタクルタと話したが、いつだって話は聞くつもりだよ。

NOと言うことは難しい。特に彼のような友人と話すときにはね。

一緒に何かができるような適切な条件が揃っているのか、それを見ていこう。

それ以外の場合であれば、常に『がんばれ、イタリア』というだけだ。

問題は、短期的な目標がどうなっているのかわからないことだよ。

私は、代表監督は将来に向けての構築を行うことを求め、それがイタリアに受け入れられるものだと考えている。

しかしもちろん、我々はEUROの予選を突破しなければならない。

ユースチーム、そしてプロジェクト。我々はそれらを計画できる。

私はイタリアが現時点で2流になったとは言わないが、最善をつくすためには長い道のりがあるのだ」