ロシアなど2枠に制限

重量挙げの東京五輪出場枠

ロシア・オリンピック委員会のエントランス=2月、モスクワ(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】重量挙げの2020年東京五輪出場枠で、ドーピング違反が相次いだロシア、カザフスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシの5カ国は最大で男女各1枠、合計2枠までに制限されることが分かったと12日、ロイター通信が報じた。08年から20年までの違反件数が20を超えた国・地域に対する国際連盟の制裁措置という。

 違反が10~19件の国・地域は男女各2枠までしか得られず、ブルガリアやイラン、インドなど9カ国・地域が該当する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。