五輪2連覇の羽生の演技に熱狂

「皆さんの前に立てて幸せ」

アイスショーで演技する羽生結弦=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が企画したアイスショーが13日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、羽生は右足首痛で予定になかった演技を急きょ披露し、満員の会場を熱狂させた。冒頭の凱旋報告で「無事、(治療の)安静期間を終えて、皆さんの前に立てて幸せ」とあいさつし、大トリで平昌冬季五輪のショートプログラムに用いたショパンの「バラード第1番」などを熱演した。

 羽生はジャンプを跳ばず、華麗なステップやスピンなどで小学生時代のプログラムを含む計3曲をメドレーで演じた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

CYCLE

CYCLE