首相、米英仏決意を支持

トランプ氏との協調重視

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら
米英仏3カ国のシリア攻撃について、取材に応じる安倍首相=14日午後、大阪市内のホテル

 安倍晋三首相は14日、米英仏3カ国によるシリア攻撃について「化学兵器の使用は断じて容認できない。化学兵器の拡散と使用を許さないとの米英仏の決意を支持する」と表明した。北朝鮮の核・ミサイル開発問題への連携対処や日米同盟強化の観点から、トランプ米大統領との協調を維持する必要があると判断した。国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合を官邸で開催し、シリア情勢の動向などを分析。今後も情報収集に全力を挙げる方針を確認する。

 首相は大阪市内で記者団の質問に答えた。首相の発言は、米軍が昨年4月にシリアを巡航ミサイルで攻撃した際の見解を基本的に踏襲した。

あなたにおすすめ