石灯籠落ち81歳歩行者死亡

バスのサイドミラー接触

©一般社団法人共同通信社

落下した石灯籠の上部=14日午後、三重県伊勢市

 14日午前9時55分ごろ、三重県伊勢市楠部町の県道で、路線バスが歩道上にあった石灯籠に接触、灯籠の上部が落下し、歩いていた同市神田久志本町、無職西沢政信さん(81)の頭部に当たった。西沢さんは病院に運ばれたが、死亡した。

 伊勢署などによると、灯籠は高さ約2.5メートル、落ちた上部は重さ約100キロあった。男性運転手(45)は「灯籠があることは知っていたが、確認不足だった」と説明。バス停で止まろうとして、フロント左側のサイドミラーが接触したとみて、詳しい状況を調べている。

 バスの乗客10人にけがはなかった。