九州中央道整備急げ 災害時に活用

熊本地震発生時、落石で片側通行となった高千穂町押方の国道218号。代替ルートとして九州中央道の早期整備が待たれる

 熊本地震の発生直後、県内のボランティア団体や自治体の職員たちは、崖崩れやひび割れで寸断された一般道を車に揺られ、何時間もかけて被災地へと向かった。壊滅的な状況に陥った熊本県南阿蘇村などの現場を目の当たりにした県内関係者からは、いち早い救助や支援に活用できる九州中央自動車道の早期完成を求める声が高まっている。

Follow

宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS

on

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。