首相、北朝鮮の「段階措置」拒否

トランプ氏との会談で

想定される非核化行程

 安倍晋三首相は、17~20日の訪米で予定するトランプ米大統領との会談で、朝鮮半島の非核化は「段階的で歩調を合わせた措置」が必要だとする北朝鮮の要求について、拒否すべきだとの認識を確認する方向で調整に入った。「完全かつ不可逆的で検証可能な非核化(CVID)」実現のため、まずは核関連施設の無能力化と、国際原子力機関(IAEA)による査察の無条件受け入れを求めることでも一致する見通し。複数の日米関係筋が14日、明らかにした。

 段階的措置については、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が3月26日、中国の習近平国家主席との会談で言及した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む