ヴォルターズ3連敗 秋田に67-80

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-秋田】第2クオーター、熊本の中西(1)がシュートを放つ=県立総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)第28節最終日は15日、各地で9試合を行い、西地区2位の熊本ヴォルターズは県立総合体育館で東地区1位の秋田ノーザンハピネッツに67-80で敗れ、3連敗を喫した。熊本は通算37勝16敗で2位は変わらないが、西1位の福岡が奈良に連勝しゲーム差は7に開いた。残り7試合で、福岡の地区優勝へのマジックは1となった。

 熊本は23ものターンオーバーを献上するなど、前日に続いて秋田の厳しい守備に苦しめられた。

 第1クオーター、熊本はジョシュ・ドゥインカーらがリングを果敢に攻め、17-17と互角の立ち上がり。第2クオーターはバランス良く内外から攻め、ジョーダン・ヴァンデンバーグも3ブロックとゴール下で奮闘し、前半を33-37と僅差で折り返した。

 しかし、第3クオーターに入ると、人数を掛けてリバウンドを奪いにきた秋田に主導権を握られる。第4クオーターも相手の激しい守りに球回しを封じられ、ドゥインカーや古野拓巳の個人技頼みになり、得点が伸びないまま押し切られた。

 B1昇格プレーオフに進むワイルドカード争いは熊本が1位をキープ。中地区で茨城が首位に浮上したため、2位はFE名古屋、3位が福島となり、ゲーム差は5に縮まった。熊本は次節の21、22日、北九州市総合体育館で西1位の福岡と対戦する。

あなたにおすすめ