ライコネン「辛いレースだった。3位は目指していた結果ではない」フェラーリ F1中国GP日曜

 2018年F1中国GP決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンは3位だった。
           
■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=3位
 本当に辛いレースだった。楽しかったとはいえない。スタートの蹴り出しはうまくいったが、引かなければならず、そのためにいくつかポジションを落とした。

 ピットストップの後、マシンはとても速く、感触も良かった。その時点でポジションを落としていたけれど、前のグループがストレートの端に見えた。

 セーフティカーは僕らにプラスに働いた。その時、フレッシュタイヤを履いていたんだ。それで戦いの場に戻ることができた。終盤、ミディアムで他のドライバーたちと同等の速さを見せることができた。それでも彼らに近づいて、ぴったりついていくのはとても難しかった。バルテリ(・ボッタス)より間違いなく速かったんだけどね。それでも、通常この手のサーキットでは近づくとグリップとダウンフォースを失ってしまう。結局、彼にうまく仕掛けることができなかった。

 今日は3位を獲得したが、フロントロウからスタートしたことを考えると、理想的な結果ではない。次はもっといい結果を目指す。

©株式会社サンズ