セクハラ疑惑報道を否定、福田氏

コメントで「職務に取り組む」

財務省の福田淳一事務次官

 財務省は16日、週刊誌で報道された福田淳一事務次官による女性記者へのセクハラ疑惑について、福田氏が報道内容を否定するコメントを発表した。与党内で辞任論が強まっている次官の進退について、福田氏は「反省の上で緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい」とし、辞任論を退けた。コメントによると、「週刊誌報道は事実と異なる」として、名誉毀損で新潮社を提訴する準備を進めているという。

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で「任命権者の財務相が対応すべき話だ」と指摘。財務省が世論の批判を浴びていることを踏まえ、「財務省は緊張感をもって行動してほしい」と語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む