立山黒部アルペンルートが開通

北アルプスに春到来

「立山黒部アルペンルート」が開通し、富山・室堂付近に除雪でできた雪の壁=16日午前

 北アルプスの立山連峰を貫き、富山と長野を結ぶ観光路「立山黒部アルペンルート」が16日、4カ月半ぶりに全線開通した。

 今年は15日の開通予定だったが、富山・室堂(標高2450メートル)周辺の強い風雪のため、1日遅れとなった。16日は朝から晴天に恵まれ、室堂ターミナル近くの道路には、除雪でできた雪の壁が出現。高さは最高地点で17メートルに達した。観光客が間近で体感できる「立山・雪の大谷ウォーク」も6月22日まで楽しめる。

 和歌山県海南市から訪れた会社員小椋佑介さん(32)は「スケールの大きさに驚いた。ここまで積もるところは他にないのでは」と壁に見とれていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。