小児がんを尿検査で判別、日立

20年実用化目指す

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 日立製作所は16日、尿検査でがんにかかっているかを判別する実証実験を4月から始めると発表した。小児がんと胆道がん、大腸がんが対象で、早ければ2020年の実用化を目指す。自宅で採取した尿を検査機関に送り、結果をスマートフォンのアプリで受け取れるようにする。がんの早期発見に役立ちそうだ。

 実証実験は名古屋大などの協力を得て今年9月まで行う。250人分の検体を使用し、がんによって増えたり減ったりする特定の代謝物を解析。実用化に向け研究を加速する。

 日立は16年に、今回実証実験を始める技術を開発したと発表した。

あなたにおすすめ

Curated by

大阪府医師協同組合