京都・祇園祭、今年もクラウドで

ごみ処理や警備資金募る

記者会見する山鉾連合会の岸本吉博理事長=16日午後、京都市

 京都・祇園祭の山鉾巡行を担う山鉾連合会は16日、昨年に続き、今年もインターネット上で小口資金を募る「クラウドファンディング」を始めた。警備やごみ処理費用に充てる。目標額は300万円で、6月15日まで。

 初実施した昨年は1209人から計1379万3千円を集め、話題を呼んだ。連合会によると、近年、警備やごみ処理費が増大。ごみ減量のためにボランティア団体が進める、何度も利用できる食器の導入などに年間約1500万円がかかっており、資金の一部を活用する。

 1口5千円から10万円。問い合わせは連合会、電話075(741)7211。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む