BONNIE PINK「最初にできた友だちは小宮山雄飛くん」 思い出の地で上京当時を振り返る

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー『MUSIC +1』。4月16日(月)からのスペシャルウィークは「MY TOKYO STORY 〜ミュージシャンたちの上京物語〜」と題して、ミュージシャンと思い出の地に出向き、当時の思い出を紐解きます。初日となる16日(月)は、シンガーソングライターのBONNIE PINKさんが登場しました。

京都府生まれ、1995年にアルバム『Blue Jam』でデビュー。コンスタントに作品をリリースしていくなか、2006年の『A Perfect Sky』がCMソングに起用され大ヒットを記録。その年の紅白歌合戦にも出場しました。

現在は出産を経て活動をセーブしていますが、GWにはJ-WAVEのイベント「J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S YOSHIKI MIZUNO EDITION」で久しぶりのライブも決定しています。そんなBONNIE PINKさんの思い出の地は「代官山」だそう。

BONNIE PINK:事務所が代官山にあって。上京してからすぐに、一番頻繁に来ていたエリアでした。

■上京当時、最初にできた友達は…

上京当時、事務所があった場所まで散歩しながら、当時の思い出について話してくれました。

BONNIE PINK:当時は東京にはそんなに友だちもいないし、半分遊び感覚じゃないですけど、何かというと事務所に来ていたことが多かったですね。東京に馴染んでいこうと、プラプラ散策して。代官山は洋服屋さんも多いし、ショッピングとかよくしていましたね。大学卒業してすぐだから、23〜24歳くらいかな。当時よく行っていたカフェ行きます? 私も久々に行きたいので。

到着したのは、行きつけだった「ヴェルデ」という自家焙煎珈琲の喫茶店。BONNIE PINKさんは「いつも豆のいい匂いがしていて、吸い込まれるようにひとりで入ったのを覚えています」と振り返ります。お店に入り、上京当時のお話を訊きました。

180416_bonniepink.jpg

BONNIE PINK:(上京当時は)忙しかったんで、割と仕事に没頭してたかもしれない。作曲するか、事務所行くか、オフの時間は東京を理解しようと思ってブラブラしてましたけど、なかなかすぐには馴染めなかったですね。代官山、恵比寿、渋谷とか中心部が多かったですけど、映画が好きなので映画に行ったり、あとそんな買わないけどウィンドウショッピングとか、カフェを開拓したりしてましたね。
サッシャ:最初にできた友だちは?
BONNIE PINK:ホフディランの小宮山雄飛くん。同期でレーベルメイトだったんで。「ザ・東京」みたいな人じゃないですか(笑)、情報通だし。同い年で、ズカズカ入ってくるタイプで、最初から「ボニー、ボニー」って言われて、それで「この人と遊んでたら東京が理解できるかもしれない」と思って色々教えて貰ってた気がします。

当時、出不精で家にこもりがちだったBONNIE PINKさんは、小宮山さんに「もっと出でこなきゃ駄目だよ」と言われたそう。

BONNIE PINK:上京して1、2年して私ニューヨークに行っちゃったんですよね。それは英語圏で生活してみたいという気持ちがあって行ったんだけど。それで1、2年して帰ってきて、久々に雄飛くんに会ったら「ボニー変わったね。なんかめちゃめちゃ明るくなった」って言われて、「どんだけ暗かったんだよ」と(笑)。上京していきなり社会人デビューでもあるし、髪も赤く染めてたり、それもあってちょっととっつきにくいイメージを持たれがちだったから、自分で壁を作っちゃってたかなという節があって。それが上京して何年かで取り払われて、そこからは自分らしくいられるようになったし東京も怖くなくなりました。

■当時の自分にかける言葉

このあとインタビュー中に、4月16日が誕生日だったBONNIE PINKさんに「ハッピーバースデー」のサプライズケーキが。「仕事復帰して、またステージでちゃんと歌えますように」と願いを込めてロウソクを消したBONNIE PINKさん。「TOKYO M.A.P.S」のステージ復帰については「待っててくれるファンの方もいますし、そんなにのんびりしてられないなという気持ちでちょっと腰をあげたところです。馴染みのミュージシャンに集まってもらってちょっと大人な……大人なんですけど(笑)、古い曲も、比較的最近のものも、落ち着いたアレンジでやろうかなと思っています」と抱負を語りました。

サッシャ:出産してお母さんになって、上京当時の自分にもし言葉をかけるとしたら?
BONNIE PINK:上京当時が一番「BONNIE PINKらしさ」とか「自分らしさ」を早く確立させないとって必死になっていたと思うんですけど、私音楽の趣味というか幅も広いので、「どんな音楽やってるの?」と訊かれたときにさっと返事できなかったんです。さっと返事できるカテゴリーじゃないけれど、持っておかないといけないと躍起になってたんです。でも結局今も定まってないんですよ。そうやって騙し騙し20何年やってこれてるので、「必死にカテゴリーとか気にすることないよ」と言ってあげたいかなと思います。自分らしさを追求してればきっと続くんじゃない? と言ってあげたいですね。

■東京一年生にメッセージ

最後にBONNIE PINKさんから東京一年生の皆さんにお手紙が届きました。

「デビューして数年後に上京して、最初は人が歩くスピードが速い街だなと思った東京でしたが、久々に馴染みのエリアを歩いてみて、人のスピードが全く気にならない自分になっていることに気づきました。昔となんら変わらない喫茶店で、自分のルーツに立ち返ることもたまには必要ですね。ほっこりしたひと時をありがとうございました。東京にも変わる場所と変わらない場所が混在していて、そのはざまで振り回されずに自分らしく立って、自分のスピードで歩くことができれば、それはきっと立派な東京人なんだと思います。新東京人のみなさん。踏ん張っていれば楽しいこともあるからね。応援しています」

4月17日(火)の『MUSIC +1』のコーナーは、FLOWER FLOWERのyuiさんが登場。上京当時の思い出を訊きます。時間は12時30分頃からです。どうぞお楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

【関連タグ】
BONNIE PINK   STEP ONE   サッシャ   音楽   寺岡歩美  

©株式会社J-WAVE