宇崎竜童さんらが法規制訴え

入場券の高額転売で

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
超党派の国会議員による集会に出席し、入場券の高額転売を規制する法整備の必要を訴える宇崎竜童さん(左から2人目)ら=16日、国会

 宇崎竜童さんら歌手が16日、東京都内で開かれた超党派の国会議員による集会に出席し、音楽やスポーツなどの入場券の不正な高額転売を規制する法整備の必要を訴えた。出席した議員からは、新法案の成立を今国会で目指す方針に賛同する声が相次いだ。

 コンサートプロモーターズ協会によると、インターネット上で数千円の入場券が数十万円の値段で取引される例もあるという。宇崎さんは「お客との信頼関係を壊さないためにお願いします」と訴えた。

 2020年東京五輪へ向けて不正転売を取り締まる必要もあり、自民党の議員連盟は3月、罰則付きで不正転売を禁じる新法案の要綱を了承している。

あなたにおすすめ

Curated by

So-net

So-net

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのままサービスの利用を続けることで、当社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。