ガチャピン&ムック:番組終了後初イベント 「キャラクター業界も弱肉強食」と仮面ライダーアマゾンズに共感

©株式会社MANTAN

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」の公開記念連続上映会に登場したガチャピン(一番左)とムック(一番右)

 今年3月に最終回を迎えた子供番組「ポンキッキーズ」の人気キャラクター・ガチャピンとムックが16日、東京都内で行われた特撮ドラマ「仮面ライダーアマゾンズ」の劇場版「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」(石田秀範監督、5月19日公開)の公開記念連続上映会に、作品の応援隊長として登場した。ガチャピンとムックは同番組終了後、初のイベント出演で、ムックは作品の弱肉強食の世界観に「本当にしびれましたよ。私たちキャラクター業界も、弱肉強食の世界ですからね。いろいろありましたから、見ていてシンパシーを感じました」とコメントし、ガチャピンは「いろいろありましたが、元気にやっています」と近況を明かした。

 この日は、Amazonの動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で配信された「仮面ライダーアマゾンズ」のシーズン1と2をそれぞれ再編集した劇場版「劇場版 仮面ライダーアマゾンズSeason1 覚醒」(5月5日公開)と「劇場版 仮面ライダーアマゾンズSeason2 輪廻」(同12日公開)の連続上映会。藤田富さん演じる水澤悠が変身する緑色の仮面ライダーアマゾンオメガ、谷口賢志さん演じる鷹山仁が変身する赤色の仮面ライダーアマゾンアルファと同じ色ということで、ガチャピンとムックがアマゾンズ応援隊長に就任し、それぞれ変身ベルトを身に着け、藤田さんと谷口さんと一緒に変身ポーズを披露した。

 藤田さんと谷口さんが、ガチャピンらにお手本の変身ポーズを見せると、ガチャピンは「超かっこよかった!」、ムックも「鳥肌立ちまくりですよ」と大喜び。ガチャピンは変身ポーズを決めて「とても気持ちよかったです。僕たちも映画に出してほしいくらい」と話すと、ムックも「監督さん、お願いします」と出演を懇願。一方で、映画の感想を聞かれると「私たち5歳児が見てもいいのかなと思いました」と語って、会場を沸かせていた。

 「仮面ライダーアマゾンズ」は「仮面ライダー」シリーズ生誕45周年を記念した作品で、1974年に放送された「仮面ライダーアマゾン」のリブート(再起動)作。この日は、藤田さんと谷口さんのほか、東亜優さん、俊藤光利さん、小林亮太さん、前嶋曜さん、白本彩奈さん、三浦孝太さん、姜暢雄さん、石田監督も出席した。

あなたにおすすめ