ドゥーマ住民が証言

 【ドゥーマ共同】シリアの首都ダマスカス近郊で化学兵器攻撃があったとされるドゥーマで16日、被害に遭ったアパート住民が取材に応じ「7日夜にミサイルが着弾して塩素のような臭いのガスが流出し、家族9人が死亡した」と証言した。このアパートで約50人が死亡したという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る