シリア化学兵器使用疑惑390件

14年以降、英指摘

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 【ブリュッセル共同】化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は16日、シリア東グータ地区ドゥーマでの化学兵器使用問題で執行理事会を開催した。各国代表のツイッターなどによると、英代表は、シリアで禁止化学物質の使用が疑われた事案が2014年以降、390件あったと指摘し、これに対処できず「その後の野蛮な化学兵器使用」を招いたと訴えた。

 また、シリアのアサド政権の後ろ盾となっているロシアが「16年以降、政権の化学兵器使用疑惑の究明に当たるOPCWのあらゆる活動を妨げようとしてきた」と強調。ロシア代表は、米英が「調査の信頼性を損ねようとした」と主張した。

あなたにおすすめ

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのままサービスの利用を続けることで、当社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。