電通が「週休3日」試験

毎月1回、働き方見直し

©一般社団法人共同通信社

 電通は16日、平日に全社一斉に休暇を取得する「インプットホリデー」を6月から試験導入すると発表した。月に1回、週休3日となる。違法残業事件を受けた働き方の見直しの一環。家族と一緒に過ごしたり、自己啓発に努めたりする時間を想定する。

 毎月の第2週か第3週の水曜か金曜が該当日で、現時点では6月から12月まで実施する予定。来年以降も継続するかは試験を踏まえて検討する。電通本体の約7千人が対象となる。グループ会社にも参考にしてもらう。

 また、出社後にパソコンにログインして心理学を応用した質問に答えると、自分の体調が分かる仕組みも導入した。