カナダ、外交官家族に帰国指示

キューバ駐在、体調不良訴える

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】カナダ政府は16日、キューバの首都ハバナに駐在させている外交官やその家族が昨年以降、原因不明の体調不良を訴えているとして、数週間以内に家族を帰国させると声明を発表した。今後は駐在職員の家族同伴を認めないとしている。

 キューバでは2016年秋以降、米国の外交官や家族、臨時採用の職員も体調不良を訴え、両国の外交問題に発展。音響装置による攻撃を受けた可能性も指摘されたが、キューバ側は関与を否定している。

 声明でカナダ政府は17年春に最初の体調不良が確認された後もキューバ政府と緊密に連携し建設的な関係を維持していると強調した。