ピュリツァー賞にセクハラ報道

米有力紙の追及姿勢を評価

16日、米ニューヨークのコロンビア大でピュリツァー賞を発表する関係者(共同)

 【ニューヨーク共同】米コロンビア大は16日、優れた報道などに贈る今年のピュリツァー賞を発表した。公益部門にはハリウッド映画界の大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏のセクハラ疑惑を追及した有力紙ニューヨーク・タイムズと雑誌ニューヨーカーを選んだ。

 この報道を機に世界各地の女性らが自身の被害体験を証言する動きが拡大。ツイッターでハッシュタグ「#MeToo」(「私も」の意味)を付けた告発も活発化し「インパクトの強いジャーナリズム」と評価された。

 調査報道部門には、連邦上院補選の共和党候補によるセクハラ疑惑を暴露したワシントン・ポスト紙が選出された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る