山崩れ、天候悪化懸念で捜索急ぐ

大分・耶馬渓

大分県中津市耶馬渓町の山崩れ現場で続く捜索活動=17日午前

 大分県中津市耶馬渓町金吉の山崩れで、発生から丸6日が経過した17日午前も自衛隊や警察、消防などが不明住民の捜索を続けた。現地では天候の悪化が懸念され、発見を急ぐ。朝から小雨が降る中、捜索隊は重機約10台で土砂を撤去。15日夜に見つかった3人目の遺体の身元確認も進める。

 大分地方気象台によると、17日は夜にかけて雨が予想されている。県は、現場に設置した雨量計が降り始めから累計で1ミリを観測すると、安全確保のため捜索を中断する方針だ。

 山崩れは11日午前3時50分ごろ発生、住宅4棟が巻き込まれた。これまでに男性1人、女性2人が死亡した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る