金氏、中国芸術団のバレエ観覧

「朝中友好発展の契機」

 【平壌共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は16日、訪朝している中国芸術団のバレエ公演を平壌で李雪主夫人と共に観覧した。朝鮮中央通信が17日伝えた。

 金氏は公演後、李夫人と舞台に上がり出演者ら一人一人と握手し「芸術団の今回の平壌訪問は、朝中友好をさらに発展させる意義ある契機となる」と述べた。

 また一緒に観覧した中国共産党の宋濤中央対外連絡部長に対し、芸術団の公演が「中国人民の友好の情をわが人民に温かく伝えてくれた」と評価した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る