宝塚音楽学校で晴れの入学式

難関くぐり抜けた40人

宝塚音楽学校の入学式で記念写真に納まる新入生=17日午前、兵庫県宝塚市

 兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)は17日、同校で106期生の入学式を開いた。

 新入生は24.1倍の難関をくぐり抜けた17都府県の40人。晴れの式を終えると、タカラジェンヌとして舞台に立つため2年間、歌や演技などの稽古を重ねる。

 入学式に、新入生はグレーの制服姿で出席。一人一人が名前を呼ばれて一礼。新入生総代の木村鞠菜さん(大阪府吹田市)は「立派な舞台人になるよう限りない芸の道に精進することを誓う」とあいさつした。

 宝塚歌劇団星組の万里柚美さんは「感謝の気持ちを忘れず力強く歩んでください」と励ました。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China