池田エライザ:“こじらせオカルト女子”が幽霊と会話 主演映画の予告編公開

©株式会社MANTAN

池田エライザさんの主演映画「ルームロンダリング」のビジュアル(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

 モデルで女優の池田エライザさんが主演を務める映画「ルームロンダリング」(片桐健滋監督、7月7日公開)の予告編が17日、公開された。池田さん演じる、幽霊と会話ができる能力があり、人付き合いが苦手で“人生こじらせ中”のオカルト女子・八雲御子(やくも・みこ)が、“アヒルのオブジェ”を持ちキャリーバッグを引いて“訳あり物件”に引っ越してくるシーンが収められている。さらに、御子が「津軽弁のパンクス」「カニの仮装をした小学生」「コスプレ好きの女性会社員」といった幽霊たちと会話するシーンも登場する。

 映画は、新たな映像クリエーターの発掘を目的としたコンペティション「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2015」で準グランプリに選ばれた片桐監督の作品を実写化。5歳で父親と死別、その翌年に母親が失踪し、天涯孤独になった御子は、母の弟の雷土悟郎から住む場所とアルバイトを用意してもらう。そのアルバイトは物件を浄化する“ルームロンダリング”だった……というストーリー。

 悟郎をオダギリジョーさん、御子の隣人・亜樹人を健太郎さん、幽霊を渋川清彦さんと光宗薫さんが演じているほか、お笑いコンビ「TKO」の木下隆行さん、奥野瑛太さん、つみきみほさん、田口トモロヲさん、渡辺えりさんらも出演している。

あなたにおすすめ