今週のシグナル:坂口健太郎VS長谷川京子 “緊迫”した心理戦展開

©株式会社MANTAN

連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」第2話のシーンカット=関西テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話が17日、放送される。刑事の三枝健人(坂口さん)らは15年前に発生し時効を迎えようとする女児誘拐殺人事件で、看護師の吉本圭子(長谷川京子さん)を真犯人として取り調べを行う……という展開で、健人と圭子の緊迫した心理戦が描かれる。

 ドラマは韓国で数々の賞を受賞したヒューマンサスペンスの傑作「シグナル」が原作。坂口さん演じる“現在”を生きる刑事・三枝健人と、北村一輝さん演じる“過去”を生きる刑事・大山剛志の2人が謎の無線機を通じて、未解決事件を解き明かそうとするサスペンス作品。

 初回は、健人が幼い頃に起きた女児誘拐殺人事件で、被害者の女子児童を連れ去った女を目撃。警察に訴えたが、警察は犯人は男だとにらんでおり相手にされなかった。15年後、事件が時効を迎えようとする中、警察官になった健人は、廃棄予定の無線機を拾い、刑事の大山剛志と会話する。15年前の事件で指名手配された男の遺体を発見したという大山の言葉を受けた健人は、半信半疑で現場に向かうとそこに男の白骨遺体があった。時効成立を前に、事件は犯人の自殺で終わるかに見えた。

 しかし、犯人が女だと断言する健人は、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子さん)とともに、犯人逮捕に向け捜査を再開。そんな矢先、看護師の吉本圭子が捜査線上に浮上。健人は、圭子の風貌から真犯人だと確信する……。

 第2話は、健人らは圭子の取り調べを行うが、美咲の尋問に淡々と答える圭子はなかなか口を割らない。時効成立が迫る中、健人たちは焦り始める……というストーリー。

 第2話には、女優の佐久間由衣さんが、過去に手を出した薬物から抜け出せなくなっていた女性・北野みどり役で出演。トレードマークの黒髪のショートカットを“封印”し、長い茶髪にギャルメークという姿で登場する。

あなたにおすすめ