「大津波切迫性なし」と東電社員

福島第1原発事故を巡る公判で

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 福島第1原発事故を巡り業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(78)ら旧経営陣3人の第7回公判が17日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。事故前に津波の試算を担当していた東電社員が、将来の大津波の発生確率を計算するのに必要な過去の地震の記録がなかったとして「原子炉を止める切迫性はなかった」と述べた。

 弁護側の証人尋問に答えた。この社員の尋問は3回目。

 社員は東電が2007年設置の「地震対策センター」の土木調査グループで課長などを務め、最大15.7メートルの津波が原発を襲うとの試算結果を被告の武藤栄元副社長(67)に伝えていた。

あなたにおすすめ