辺野古新基地:雨の中、強制排除 工事車両106台が基地内に

©株式会社沖縄タイムス社

 17日午前9時ごろ、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込み、新基地建設に抗議する市民ら約30人が、機動隊員によって強制排除された。

 約10分後、砕石を積んだトラックやミキサー車など計106台の工事車両が基地内に入った。市民らは雨にぬれながら「違法工事はやめて」「美ら海を壊すな」などと反発した。

 この日は悪天候のため、市民らによる海上での抗議行動は行われていない。

工事車両を基地内に入れるため、抗議の市民らを強制排除する機動隊員ら=名護市辺野古、米軍キャンプ・シュワブゲート前

あなたにおすすめ