防災対策にAI活用を

慶大、LINEなどが提言

 慶応大やLINE(ライン)などは17日、大規模災害が発生した際、防災・減災対策に人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)を取り入れるよう求める政策提言書をまとめた。スマートフォンの位置情報で住民の避難動向などを把握するため、IT企業が自治体と連携して立案する防災訓練の必要性などを盛り込んだ。

 提言書は、災害時のツイッターなどによる住民らの情報発信が、防災対応に生かし切れていないと指摘。AIやICTを使って被災情報を分析、整理することで、自治体職員の負担軽減や被災者状況の早期把握などが達成できるとした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China