ふるさと納税で受動喫煙防止策

奈良・生駒市

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 奈良県生駒市は17日、ふるさと納税による寄付金の使途に、新たに受動喫煙防止対策を加えると発表した。市内にある会社や飲食店などで禁煙を進めたり、禁煙を支援するセミナーを開いたりする2019年度の事業に充てる予定で、全国的にも珍しい取り組みという。

 生駒市は4月から、市職員の職務時間内の喫煙を禁止し、昼の休憩時間などにたばこを吸った場合はエレベーターの使用を喫煙後45分間禁止する対策を取っている。

 6月からは近鉄生駒駅周辺を歩きたばこ禁止区域に指定し、取り締まりを始める予定。

あなたにおすすめ

Curated by

大阪府医師協同組合