京都御所で高御座を公開

今夏にも修復で東京へ

皇太子さまの即位の礼で使う「高御座」。奥は「御帳台」=17日午後、京都御所・紫宸殿

 宮内庁は17日、来年10月に皇居・宮殿で行われる皇太子さまの即位の礼で使う「高御座」と「御帳台」を、保管されている京都御所・紫宸殿で報道陣に公開した。高御座と御帳台は今夏にも京都御所から東京に移送され、皇居内で修復作業が進められる。

 高御座は天皇が即位の儀式で使う玉座。公開された高御座は大正天皇の即位に合わせて製造され、全高約6.5メートル、重さ約8トン。黒漆塗りの方形の台の上に、大小の鳳凰や鏡などを飾った八角形の屋形が8本の柱に支えられている。昭和天皇や現在の天皇陛下の即位儀式でも使われた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む