「楠公さん」の大河ドラマ実現を

3府県25自治体が誘致協議会

「楠公さん」大河ドラマ誘致協議会=17日午後、大阪府河内長野市

 南北朝時代の武将・楠木正成、正行親子を主人公にしたNHK大河ドラマの実現を目指す大阪などの地元自治体が17日、「『楠公さん』大河ドラマ誘致協議会」を発足させた。ドラマの舞台となることで、観光客を誘い込み、地域を元気にするのが狙い。正成親子は大阪と奈良の府県境にある金剛山一帯を活動拠点にしていた。

 会に参加したのは大阪府河内長野市や神戸市、奈良県吉野町など、ゆかりの3府県25自治体。発会には22自治体が参加し、呼び掛け人の島田智明・河内長野市長が会長に就任した。5月には民間団体による協議会も発足する予定。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る