バレー、世界選手権でメダル目標

女子日本代表の中田監督

©一般社団法人共同通信社

 バレーボールの女子日本代表が17日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでシーズン開幕前の記者会見を行い、就任2季目の中田監督は「絶対に表彰台に上がるべく、チーム強化をしていきたい」と話し、9月下旬から日本で行われる世界選手権でのメダル獲得を目標に掲げた。

 シーズン序盤の5月15日に始まるネーションズリーグでは、若手を積極的に起用して戦力の底上げを図る。19歳の黒後(東レ)や22歳の井上(久光製薬)ら、力のあるアタッカーがいるだけに「何が通用して何が足りないのか経験してほしい」と成長に期待を寄せた。