ACL、C大阪は16強逃す

鹿島は水原に敗れ2位

C大阪―広州恒大 後半、勝ち越しゴールを決められ、ぼうぜんとする船木(右から3人目)らC大阪イレブン=広州(共同)

 【広州共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は17日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、G組のC大阪は敵地で広州恒大(中国)に1―3で敗れて2勝2分け2敗の勝ち点8で3位に終わり、16強入りを逃した。決勝トーナメント進出を決めていたH組の鹿島はホームで水原(韓国)に0―1で負け、2勝3分け1敗の勝ち点9で2位。同10の水原が1位となった。

 試合序盤に先制点を与えたC大阪はすぐに福満のゴールで追い付いたが、後半に2点を奪われた。G組は広州恒大が1位、ブリラム(タイ)が2位で16強に進出。

 鹿島は前半に先制を許し、反撃したが及ばなかった。

水原に敗れ、肩を落とす金崎(左から3人目)ら鹿島イレブン=カシマ

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China